Power Apps で楽をしよう。2タップで登録 勤怠入力アプリ

    この記事を共有する

    はじめに   

    こんにちは、株式会社Funkit 倉本です。

    今回からPower Appsで作成したアプリを紹介していきます。
    第1弾は、最短2タップで入力完了する『勤怠入力アプリ』を紹介します。

    Power Apps は、用意されたパーツを複数組み合わせて画面を作り、どんな処理をさせるかはExcelにあるような関数を利用してアプリを作成できます。
    また、Power Appsはプログラミング言語を必要としません。

    「Power Appsの導入を検討しているがどういうものが作れるのかわからない」
    「Power Appsでどんなアプリを作れるのか参考にしたい」
    のようにPower Appsに興味があったり、業務で活用を検討されている方々の参考になりましたら幸いです。

    目次

    1.前提条件
    2.勤怠入力アプリのご紹介
    3.シンプルだから活用できる

    前提条件

    この勤怠入力アプリは下記ライセンスとアプリを利用しています。 
    Power Appsの有償ライセンスは不要で、Office365 Business PremiumやOffice365 の各種ライセンスに含まれるPower Appsの無償ライセンスなどを保持していれば作成可能です。
    また、仕様として作成されたアプリを利用するためには、Power Apps のライセンスが必須であり、保持していないユーザーはアプリを利用することはできません。

    ライセンス 
     ・Office365 Business Premium 
     ・Microsoft Power Automate Free 
     ・Power Apps for Office 365   
     ・G Suite
    アプリ 
     ・SharePoint Online 
     ・Power Apps
     ・Power Automate 
     ・Google スプレッドシート(EXCELでも可) 

    勤怠入力アプリのご紹介 

    このアプリの操作の流れは以下の通りです。 
     1.スマートフォンでPower Appsを起動する 
     2.勤怠入力アプリを起動する
     3.確認ボタンをタップする
     4.登録ボタンをタップする 

    アプリの大きな特徴は5つです。 
    ・〇時以前の場合は自動的に「出勤」、〇時以降の場合は自動的に「退勤」に変更されます。
    ・ログインユーザーのユーザー名を自動的に取得・表示するのでボタンをタップする以外の操作は不要。感覚的に操作ができます。
    ・SharePoint上に社員マスタを用意しており、同部署内のメンバーであればユーザー名の変更が可能。

    通常の流れ:[確認]ボタン押下⇒[登録]ボタン押下

    ・入力忘れなどがあった場合は「修正」を選択することで、「時間の変更」「修正理由の入力」等が可能。

    修正時の流れ:日時を入力⇒出勤・退勤修正を選択⇒理由を入力⇒[確認]ボタン押下⇒[登録]ボタン押下

    今回はOffice365 ライセンス Power Apps for Office 365 ライセンスを持っていれば作成できるアプリを目指していたため有償のコネクタは一切利用しておりません。データベースはGSuiteのスプレッドシートを利用しており、Power Appsから登録したデータは全てスプレッドシートに格納されます。

    スプレッドシートに登録された履歴情報


    スプレッドシート登録後はPower Appsが操作できる範囲外になるため、以降はスプレッドシート側で集計、給与計算などを行う必要があります。
     弊社では元々スプレッドシート側で計算を行う仕組みを利用していたので、今回はその部分は考慮する必要はなくとても助かりました。
    実際の登録データを集計した後のイメージは下図のようになります。  

    登録情報を月毎に集計したイメージ

    シンプルだから活用できる

    簡単で分かりやすいものが、使いやすく長く活用されるアプリとして重要だと思います。 
    また、Power Appsで作成することでユーザーが使いやすくなるだけではなく、例えば勤怠入力をタイムカードで実施していればペーパーレス化を促進することもできますし、別のシステムを利用していればOffice365という1つのソリューションに統合することもできるかもしれません。
    Office365を利用されているのであれば是非一度、Power Appsで作成したアプリの利用もご検討されてみてはいかがでしょうか? 

    次回予告

    Power Appsで楽をしよう 申請とTeams連絡を一度に実施 休暇申請アプリ >


    PR:今後もPower Appsを活用したアプリを紹介していく予定です。弊社ではお客様向けの導入・運用技術支援サービスを行っております。ご用命の際はお気軽にお問い合わせください!

    関連する投稿
    この記事を共有する

    Related Post